Atom搭載のWindowsタブレットをゲームマシン化(準備)

 

ウチの利用している「7inch」サイズのMini PC「iWork 7」

「インテル Atom プロセッサー Z3735 1.33GHz」という非力なタブレットマシンですが、この「Windowsタブレット」を「なんちゃって Nintendo Switch」みたいな感じにゲームマシン化できないか、、、、という話題の「第2回」。

1回目は以下で誤確認ください。

 Atom搭載のWindowsタブレットをゲームマシンにできないかな?(その1)(2017年3月3日の話題)

早速、色々なゲームをインストールして遊んでいきたいところですが、、、

まず、タブレットマシンは内部ストレージ容量の小ささがネックとなります。

ウチの「iWork 7」なんて、現状で「5GB」の空きしかありません。

これではゲームのインストールどころではありません。

そのため、SDカードを「仮想ディスク」化することで容量問題を解消します。

詳しくは別で話題にしていますのでそちらでどうぞ。

 Windowsタブレットの少ないストレージをSDカードの仮想ディスクでカバーする(Windows 8.1)(2017年3月2日の話題)

 Windowsタブレットの少ないストレージをSDカードの仮想ディスクでカバーする(Windows 10)(2017年3月1日の話題)

ウチの場合は「128GB」の「Micro SD」を仮想ハードディスク化して、「114GB」の容量を確保しました。

これで、ある程度のゲームのインストールは可能となりました。

次に、ゲームといえば、ゲームパッド(コントローラー)が欲しいですよね。

ということで、過去にも話題にしたBluetooth接続の「ipega」や「FC30 PRO」を用意。

せっかくのタブレットなんですから、すっきりと無線タイプのコントローラーでスマートに遊びたいと思うのは当然。

うーん、こうしてみると、ウチもBluetooth接続のコントローラーを結構持ってるなぁ、、、

その中でも、「FC30 PRO」がボタン数も多く、持ち運びにも便利です。

こんな感じのゲーム環境になります。

次にPCゲームと言えば、真っ先に思い浮かぶのが「Steam」

 http://store.steampowered.com(Steamのサイト)

ウチも、ユーザーであり、何本かゲームも購入しています。

事あるごとにセールをやってて、値段に釣られて思わず買ってしまう、、、というワナに陥りやすいサイト。。。

「Steam」のアプリケーションをインストールし、コントローラーの設定を行います。

インストール先はSDカードに作成した「仮想ディスク」

「Steam」のサイトは日本語に対応しているので、インストール方法とかユーザー登録などについては割愛。

無事にアプリケーションが起動するようになったところで、コントローラーの設定を行います。

アプリケーションメニューの「Steam」内の「設定」を選択。

「設定」内の中から「コントローラー」を選択します。

「一般のコントローラー設定」を選択すると、以下のような画面になります。

Bluetoothのコントローラーの場合、ペアリングされていれば、ペアリングされているコントローラーが表示されます。

下の画像は「ipega」のゲームパッドとペアリングしたときのものです。

ゲームパッドが接続されてない場合は、「コントローラーは検出されませんでした」というメッセージが表示されます。

無事に接続されている場合、そのゲームパッドを選択すると、ボタン設定の画面になります。

ここで、左に表示されるコントローラーのボタンに対応するコントローラーのボタンを押して設定していき、保存すれば設定完了です。

ちなみに、コントローラー設定に表示される「一般のゲームパッド設定」のチェックは、お好みでどうぞ。

チェックを入れると、アナログスティックでマウスカーソルを動かしたりできるようになります。(Steamのアプリケーションが起動している場合のみ)

チェックを外していても、「ゲーム中」は設定したボタンで動作します。

ゲームコントローラー設定が終われば、あとはプレイするだけなんですが、ついでに2つほど設定変更を。

 マシン起動時のSteamの起動を「OFF」にする

初期設定では、マシンを起動した後に、自動的にSteamが起動するようになっています。

ウチの場合は、ゲームをプレイするときにだけSteamを起動すればいいので、OFFにすることにしました。

「設定」内の「インターフェース」にある「コンピュータの起動時にSteamを実行する」のチェックボックスのチェックを外せばOKです。

 スクリーンショットのキーを変更する

初期設定では、ゲーム画面のスクリーンショットを撮るキーは「F12」となっています。

でも、ウチのキーボードを確認すると、、、、

コンパクトな折りたたみキーボードのため、ファンクションキーが独立しておらず「Fn」キーと同時に押して使うタイプです。

「F12」を入力するためには、「Fn」+「=」という2つのキーを押す必要があります。

これは面倒なので、ゲーム中は絶対に使わないであろう「\」のキーへと変更しました。

「設定」内の「ゲーム中」からキーの変更を行うことができます。

さて、これで「Steam」でゲームをプレイする準備はできました。

後は、ゲームを購入してプレイするだけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.