「Core m3-8100Y」で色々なゲームのベンチマークを試してみる(その2)

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

「Core m3-8100Y」CPU搭載の「GPD Pocket 2」のゲームのベンチマークテストの2回目の話題。

前回は、第5世代(Broadwell)「Core m3-8100Y」と、第8世代(Amber Lake)「Core m3-8100Y」を比較する形でテストしました。

 「Core m3-8100Y」で色々なゲームのベンチマークを試してみる(その1) (2019年6月26日の話題)

今回は、「GPD Pocket 2」で、その他のベンチマークテストをいくつか行ってみました。

まずは、マシンの確認。

 GPD Pocket 2

・CPU:Core m3-8100Y
・メモリ容量:8GB
・OS:Windows 10 64ビット

第8世代(Amber Lake)の「Intel Core」プロセッサシリーズ搭載のマシンです。

「GPD Pocket 2」については、OSリカバリを行い、特に何も設定変更を行なっていない状況で動かしています。

電源は繋がずに「バッテリー起動」でのチェックです。

電源モードは、「バッテリー:より良いバッテリー」でチェックです。

 FINAL FANTASY 15

FINAL FANTASY 14(ファイナルファンタジー14)は、最低の設定で「普通」のスコアが表示されましたが、15はどうでしょうか??

まずは、標準の設定で試してみます。

標準画質
1920×1080
ウィンドウ

どう考えても無茶な設定です。

それでも、なんとかテストは完走し、、、

「336:動作困難」というスコアが出ました。

ベンチマークテストを完走しただけでも凄いのかもしれない、、、

次に、設定を最低に落として試してみます。

軽量品質
1280×720
ウィンドウ

若干スコアが上がって「686:動作困難」

最低の状態でも、FF15をプレイすることは不可能なようです。

ベンチマークテストのムービーですらガクガクで、ロードを含め、かなり時間がかかりました。

 3D Mark

次に、海外でよくビデオカードのベンチマークの指標としても用いられている「3D Mark」を試してみました。

ゲーミングPC用向けとして「Time Spy」が推奨されていましたので、そちらでチェックをしました。

結果は、、、

「246」というスコアでした。

「3D Mark」のサイトで確認したところ、「Better than 1% of all results」という表記が、、、

ベンチマークを行ったマシンで、下から数えて1%程度の性能ということですね。

そりゃ、そうなるでしょうね。

「GPD Pocket 2」は「UMPC:ウルトラモバイルPC」なんですから。

ついでに、家庭用PC向けの「Night Raid」でも試してみました。

結果は、、、

「2641」というスコアでした。

標準的なノートPCと比べても劣る数値です。

 SteamVR Performance Test

ダメ元で、「SteamVR Performance Test」も試してみました。

もしかしたら、VRゲームもいけるか?? と思ったのですが、結果は惨敗でした。

「VR 使用不可」の判定です。

やはり、「UMPC」でVRは無理ですね。

 ドラゴンクエストX

最後に、「ドラゴンクエストX」のベンチマーク。

標準の設定で試してみます。

グラフィック設定:標準品質
解像度:1280×720
表示方法:ウィンドウ

「4473:普通」の評価でした。

次に、最高の設定で試しみました。

グラフィック設定:最高品質
解像度:1920×1080
表示方法:ウィンドウ

「2029:やや重い」

ドラクエXであれば、問題なく動作します。

解像度を下げて、最高品質で遊ぶ、、、という選択肢もありそうです。

各ベンチマークテストについては、電源をつないで、パフォーマンス重視の設定にすれば、もっとスコアは伸びるかもしれません。

ちなみに、ゲームのベンチマークチェック中はマシンの底面が、かなり熱を持ちます。

特に、FF15のベンチマーク中は、マシンが無理しているのがわかるくらい発熱していました。

「UMPC」の性能も、年々上がってきています。

さらに3年後ぐらいには、「UMPC」でFF15が動くようになるのかもしれません。

関連記事


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする