DCエミュレーター「Redream」が結構良いぞ(GPD Pocket 2 m3-8100Y)

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

「Dreamcat」のエミュレーターについては、以前も何回か話題にしてきました。

 「Miix 2 8」でDreamcastエミュレーターを動作してみる (2014年12月5日の話題)

 Android用Dreamcastエミュレーター「Reicast」が凄く良い (2014年11月25日の話題)

Windows用の「null DC」や、Android用の「Recast」を試してきたわけですが、、、

今回、「m3-8100Y」CPU搭載の「GPD Pocket 2」を入手したので、「Redream」を試してみることにしました。

公式サイトによると、80%以上のソフトが動くそうです。

 https://redream.io(Rederam 公式サイト)

無料版の「Lite」と、有料版(5ドル)の「Premium」が用意されていて、違いは、レンダリング解像度の変更の有無テクスチャの変更の有無のようです。

サイトの「Compatibility」のページには、各ソフトの動作状況も記載されていて、動作するソフトの確認もすぐにできます。

使用したマシンは「GPD Pocket 2」です。

マシンのスペックは以下の通り。

・CPU:Core m3-8100Y
・メモリ容量:8GB
・OS:Windows 10 64ビット

「Redeem」の動作環境は、公式サイトによると、、、

「64bit OS」で、「512MB」以上のメモリあればOKのようです。

「Mac OS」版や「Linux」版も用意されているのが嬉しいところ。

まずは、現在の安定版(Stable Releases)である、「v1.3.1」をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを確認すると、なんと、ファイルが「redream」の1つだけしかありません。

これだけでも、他のエミュレーターに比べるとグッと敷居が低い気がします。これをダブルクリックして起動すればいいだけだ、、、と判るわけですから。

任意にフォルダを作り、そこにダウンロードした「redream」のファイルを入れて起動させます。

注意:「Redream」は日本語表記に対応していません。フォルダ名やRomのソフト名は、すべて「半角英数」文字を利用します。
(フォルダ名やファイルに日本語を使っていると、表示されません。)

起動すると、「Welcome」の表示と共に、「Go to Library」の表示が、、、

ここをクリックして、ゲームデータ「GD-Rom」のある場所を指定します。

この際に、フォルダ名などに「日本語」を使用していると、表示されませんので、その場合は「半角英数」の文字へと変更してください。

今回、チェック用に以下の8本を用意しました。

ゲームデータ「GD-Rom」の場所を指定すると、そこにあるゲームを勝手に見つけてくれて、画面上にソフトの画像がリスト形式で表示されます。
(ネットワークに接続している場合)

勝手にリスト化してくれるので、非常に便利です。

(一度リストに画像が表示されれば、キャッシュに画像データは残るので、その後はネットに繋がってなくても画像が表示されます。)

あとは、プレイしたいソフトをクリックするだけです。

「サクラ大戦3」が無事に起動しました。

実機と遜色なく動いています。

うーん、サクラ大戦3のオープニングムービーは今見ても格好良いですね。

こんな感じで、起動するまでの手順は非常に簡単です。

起動して終了すると、「redream」しかなかったファイルがたくさん増えていました。

見て判るように「readream.cfg」が設定ファイル、「vmu0〜4.bin」はセーブ用のビジュアルメモリファイルです。

ちなみに、この「readream」は「BIOS不要」です。無しでも動作します。

でも、「超鋼戦紀キカイオー」のソフトで試したところ、、、、

「BIOS」無しだと、ストーリーモードの会話部分で文字が表示されませんでした。

「BIOS」有りの場合は、ちゃんと表示されます。

このように、再現度はBIOS有りの方が上です。

さて、この「BIOS」について、どうすれば良いのか?? というと、「redream」の実行ファイルと同じフォルダに置くだけです。

BIOSは「dc_bios.bin」「boot.bin」に名称を変更しておきます。

この状態で起動すると、「BIOS」を認識してくれます。

「BIOS」が適用されているかどうかの確認については、起動時に判ります。

起動時に「Dreamcast」のロゴが表示されれば、適用されています。

「BIOS」が無い場合は、「Dreamcast」のロゴが表示されずに「SEGA」のライセンス画面から始まります。

今回試した8本は、短時間ですが、問題なく動作しました。

「m3-8100Y」というCPUの性能のおかげもあるのか、ムービーなどの遅延もなく、快適に動きました。

非常に簡単に起動のできる「Dreamcast」のエミュレーターです。

「GPD Pocket 2」と合わせて、持ち運び「Dreamcast」パソコンです。

完成度も高いので、結構おすすめです。

ただし、欠点もあり、VMの画面表示やコントローラーの振動機能(ぷるぷるパック)マイクには対応していないようです。

VMの表示はどうでもいいとして、「シーマン」はプレイできないな。

今後のアップデートに期待しましょう。

次回は、「設定」について、少し話題にしてみようと思います。

久しぶりに「シェンムー」をプレイしてみようかな。

ちなみに、「Mac版」の「Redream」を2010年モデルの「iMac Core i3 3.06Ghz」で動かしてみましたが、問題なく動作しました。

関連記事


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする