充電しなくなったニッケル水素乾電池「エネループ」や「エボルタ」の復活を試みる

 

実は、ウチは充電式のニッケル水素電池をたくさん持っています。

「Ni-MH」電池で「eneloop:エネループ」「EVOLTA:エボルタ」等が有名ですね。

任天堂の「Wii」が販売されたときに「リモコン」や「バランスWiiボード」が電池式だったことから、たくさん購入していました。

また、その頃からパソコンのマウスなども充電式が登場しましたからね。

使い出すと繰り返し使えるという利便性(使い捨て電池のように買い直す必要が無い)が気に入り、いつの間にか、たくさん所有しています。

ところが、充電器に入れて充電しても充電できない電池がいくつか出てきました。

充電できなくなっていた電池は全部で「5本」

かなり以前に購入した電池ですし、捨てて買い直してもいいのですが、使えるものなら使いたい。

そこで、充電できなくなった電池の復活を試みてみました。

充電できない電池は充電器に入れてもすぐにランプが消えてしまい、充電ができないのです。

調べてみると、以下のような理由が考えられるようです。

過充電による電池性能の低下

継ぎ足し充電を繰り返した事による起電力の低下

残量が無くなったまま、長期間放置していたため、過放電状態になり充電できなくなる

正直、どれも心当たりがあります。

電池が切れる前に継ぎ足し充電を行なったことは数知れず、充電器につけたまま2〜3日放置や、使い切った後に充電せずに放置とか、、、、

「1」「2」については、「メモリー効果」という現象らしく、「リフレッシュをすることで解消可能」だそうです。

そこで、ウチもリフレッシュを行うことにしました。

リフレッシュですが、「eneloop」の「電池クイック診断機能付」の充電器に、その機能があるようです。

でも、ウチの所有している充電器は通常のもので、「電池クイック診断機能」は付いていません。

そこで、新しく充電器を買うことにしました。

調べていくと、他のメーカーも「Ni-MH」電池用のリフレッシュ機能を搭載した充電器を発売しています。

その中で、ウチが選んだのは「SONY」「急速充電器セット BCG34HRE4RA」という製品です。

単3電池が4本付きで、一番お得そうでしたので、これにしました。

また、充電器には充電ランプと別に独立してリフレッシュボタンとランプがあり、リフレッシュ中、充電中の状態確認が容易であることも購入した理由の1つでした。

4本同時に充電できるのもメリットです。

購入後、「ダメな電池 5本」のリフレッシュをかけると、「1本」だけ復活しました。

残りの「4本」は、リフレッシュでも、すぐにランプがエラー表示点灯をしました。

「メモリー効果」のリフレッシュ、イケますよ。

さて、残りの4本ですが、よく見てみると、端子の部分がかなり汚れています。特に「マイナス端子」側。

これまた調べてみると、、、

何度も使う充電式電池は経年により、汚れや端子部分の酸化で接触不良が起こることがある

ということで、掃除をすることに。

最初は接点復活でよく使用される「無水エタノール」を使用してみましたが、ほとんど汚れは取れませんでした。

汚れも結構酷いですし、酸化しているんだったら、もっと強力な何かで、、、と思って、サビと汚れ落としのクリーナーを使ってみることにしました。

どうせ充電できない電池ですので、復活すればラッキーという気持ちで。

近所のホームセンターに売っていた「驚異のクリーナー ピカット」という商品です。

クリーナーで接点を磨いてみると、かなりの汚れがとれました。汚れを取ったティッシュが真っ黒です。

長年の使用により、端子にかなりの汚れが付着していたようです。

磨くと、かなり綺麗になりました。

判りにくいと思いますが、以下の写真の左側3本が「磨く前」、右側2本が「磨いた後」のマイナス端子側です。

綺麗に磨いて充電を行なってみると「2本」が復活。

この復活した「2本」については、「メモリー効果」などの原因ではなく、単に端子が汚れていただけみたいです。

「サビと汚れ落としのクリーナーで磨いても良かったのか??」と言われると疑問ですが、「2本」復活したので良しとします。

これは、完全に自己責任ですね。

最後に残った「2本」については、端子を綺麗にしてもダメでした。

おそらく、「3」「過放電状態になり充電できなくなる」状態だと思います。

これについても、調べてみると、「他の充電器で試してみると復活する可能性がある」という情報を見ました。

通常のメーカー製の充電器については、過充電を防ぐために「安全装置」がついているそうですが、「安全装置」がついていない充電器で充電すると復活することもあるとか。

でも、安全装置のついていない充電器の使用は、少し怖いですし、5本中「3本」は復活したので、残りの「2本」は諦めることにします。

「eneloop:エネループ」や「EVOLTA:エボルタ」等の充電電池がダメになった方は、試してみてはいかがでしょうか??

でもね、本当は、新しく買い直す方が賢い選択だと思います。

また、今後、充電式の「ニッケル水素乾電池」を購入しようと考えている方は、少し高くとも、「リフレッシュ機能のついた充電器の付属している製品」を購入するようにした方が良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)