「reicast」で音ゲーをプレイしてみる

   2016/11/04

「Android」用のDreamcastエミュレーター「reicast」で音ゲーをプレイしてみた。

「Nexus7 2013」とBluetoothのゲームパッドの組み合わせでのプレイです。

「Android」端末への「reicast」の導入、設定については、以前の話題で確認してください。

→ Android用Dreamcastエミュレーター「Reicast」が凄く良い

→ 「Nexus 7 2013」での「reicast」設定方法紹介

エミュレーターですが、他のマシン上でエミュレートして動作させるものなので、音などが若干ずれたりします。
それが「reicast」の場合、どうなるのか試してみました。

今回プレイを試みたソフトは以下の写真の2本。

1412181

・スペースチャンネル5 パート2
・サンバ DE アミーゴ Ver.2000

「スペースチャンネル5 パート2」のDC版ってセガダイレクト専売だったんですよね。

まずはチャンネル5から。

1412183

動作はするんですが、オープニングで音が鳴らず、ムービーも少しガクガク気味。
ゲームが始まれば音も動作もOK。若干音声にノイズが入る時があるぐらい。もっとパワーのあるマシンだったらいいのかもしれません。

1412182

プレイについては、曲よりちょっと早めのタイミングでボタンを押す必要があります。

曲に合わせてジャストのタイミングで押すとミスりまくります。チュートリアルにあたる最初の部分の曲は、曲のテンポも遅く、入力も単純なので、曲に合わせてもOKですが、曲が早くなり、入力が複雑になってくると、曲よりちょっと早いタイミングでの入力が必要となります。

1412184

それなりに進むことは可能ですが、曲よりもちょっと早いタイミングでキーを押す必要があるため、曲に合っている等の気持ち良さが全然ない。

プレイできても面白さは全くありません。

まさに「なーんーだーかー あやしいぞー」って感じです。きっとパート1をプレイしても同じ結果なんだろうな。

次にサンバ DE アミーゴ。

こちらも動作に問題はありません。

1412185

このゲームについては、マラカスコントローラーで振るというプレイを前提にしているためか、キーを押すタイミングがチャンネル5ほどシビアではありません。案外タイミングが緩いです。

そのため、曲に乗って合わせてキーを押しても大丈夫です。「YHAH!」マークがでます。

1412186

つまり曲に合わせて気持ちよくプレイができます。

結果はあまりよくないですが、一応クリアできました。コンボも50以上できましたし。
結構ゲームパッドでの操作、難しいんですよ。

1412187

でもね、このソフト、やっぱりマラカスプレイが前提なんです。

ゲームパッドでプレイしても全然面白くない。

今回の音ゲー2本はいまいちの結果となりました。
やはりエミュレーターで音ゲーは難しいのかな。

Bluetoothのゲームパッドによる遅延なども考慮し、エミュレーターのバーチャルパッドでも試してみましたが結果は同じでした。

本当は「ポップンミュージック」も試すつもりでしたが、持っていたはずのソフトがどこを探しても見つからず、、、

ソフトは見つからず、ポップンコントローラーだけは見つかるという、どうしようもない状態に、、、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)