「reicast」でシューティングゲームをプレイしてみる

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

「Android」用のDreamcastエミュレーター「reicast」でシューティングゲームをプレイしてみた。

シューティングゲームの縦表示モードが使えると思い試してみました。

「Nexus7 2013」とBluetoothのゲームパッドの組み合わせでのプレイです。

「Android」端末への「reicast」の導入、設定については、以前の話題で確認してください。

→ Android用Dreamcastエミュレーター「Reicast」が凄く良い

→ 「Nexus 7 2013」での「reicast」設定方法紹介

今回プレイを試みたソフトは以下の写真の3本。

1412241

・アンダーディフィート
・カラス
・トリガーハートエグゼリカ

どれもDreamcastの最終期のソフトですね。当時、セガダイレクトでかったんだよなぁ。
どのソフトも縦表示モードに対応しています。

まずは「アンダーディフィート」から。

1412242

問題なく動きます。
いや、このゲーム、面白いです。

次に「カラス」

1412243

これも問題なく動作しました。
いい感じでプレイできます。

1412244

最後に「トリガーハート エグゼリカ」

起動はOKです。

1412245

起動後のデモも問題なく動くのですが、、、、

1412246

ゲームを始めると「reicast」が落ちます。

ということでプレイ不可でした。

「アンダーディフィート」と「カラス」が動いたからいいとしよう。

タブレットの縦表示は便利です。でも、その場合はゲームパッドを使わないとプレイは無理ですね。

バーチャルパッドについては横画面表記しかできませんので。

シューティングだと1プレイの時間も短いので、良い暇つぶしになりそうです。

キャプチャ画面の上下、左側の黒い部分は「ワイドスクリーンモード」(フル画面)にしていないので、その黒枠です。

「ワイドスクリーンモード」にすると、ソフトによっては変な表示になったりするので。

関連記事


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする