Amazonの「プライム・ビデオ」のサービスが開始されましたが、検索方法は??

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

本日、9月24日からAmazonの「プライム・ビデオ」のサービスが開始されました。

「Amazonプライム」加入者(年会費 税込 3,900円)であれば、映画やTV番組、アニメ、ライブ映像などの一部コンテンツが見放題となるサービスです。

ウチは「プライム会員」なので、利用可能です。

9月下旬にサービス開始とアナウンスされていましたが、ようやく開始となりました。

しかし、このサービス、対象の商品を見つけるのが大変なんです。

早速、PCブラウザで「Amazon」のサイトに行ってみます。

(今回 Mac OS ブラウザはSafariで動作させています。)

15092401

トップページに行っても、どこで「プライム・ビデオ」が見れるのか、全くわかりません。
(この状態でプライム会員のアカウントでログインしている状態です。)

その後、判るのですが、「プライム・ビデオ」というカテゴリーが用意されているわけではありません。

「Amazon ビデオ」のカテゴリーの中にあるビデオの対象商品に「プライム」というマークがついているだけなんです。

「プライム会員」で「Kindle」を持っている人向けに行われているサービス「Kindleオーナーライブラリー」(対象の有償の本が月に1冊無料で読めるというサービス)と同じような状態です。

その「プライム」対象のタイトルを見つけるのが大変です。

ーーーーー

<2015年9月26日 追記>

「Amazon」のサイトのカテゴリー内に「プライム・ビデオ」という項目が設けられ、検索しやすくなりました。

詳しくは以下の話題で確認ください。

 → Amazon「プライム・ビデオ」の複数端末での同時再生等について調べてみた

ーーーーー

では、「どうやって対象のタイトルを見つけるのか??」という問題になるのですが、ウチなりに色々と試してみました。

まず、「プライム・ビデオ」サービスの対象タイトルは「Amazon ビデオ」のカテゴリー内にありますので、そちらに移動します。

15092402

カテゴリーから「Amazon ビデオ」に移動します。

15092403

「Amazon ビデオ」に移動すると、配信タイトルがたくさん表示されます。それぞれに、レンタルや購入等の価格が設定されています。

ここで、ビデオをつらつらと探していると、たまに「プライム」というマークのついたタイトルが出てきます。

15092404

この「プライム」マークがついたタイトルが対象商品で、無料で見ることができます。

対象タイトルを検索するのが非常に大変そうです。

そこで、以下のような感じで対象タイトルを探していきます。

「Amazon ビデオ」のトップページの「カテゴリ一覧」の中から見たいジャンルを選びます。今回は「人気タイトル」を選んでみました。

15092405

すると、「人気タイトル」の一覧に移動します。

ここで、左側にメニューがでてきます。この中に「絞り込み」メニューがあり「プライム対象」という項目があります。

15092406

こちらにチェックを入れると、プライム対象のタイトルに絞った検索結果となります。

15092407

「アニメ」で検索してみると、「キン肉マン」とか「ゲゲゲの鬼太郎」とか出てきました。

このなかの1986年の「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争」を見てみようと思います。

タイトルページに移動すると、ちゃんと「プライム・ビデオ」に含まれていますという表示がでます。

15092409

「今すぐ観る」をクリックすると再生が開始されます。

でも、再生には「Microsoft Silverlight」のインストールが必要となります。インストールされていない場合は、以下のような注意が出ます。

15092410

「Microsoft Silverlight」をインストールすれば、無事に再生できました。

15092411

プレイヤーの下にはスライダーや音量調整、フル画面への切替などのメニューがあります。

「プライム会員」であれば、利用できる便利なサービスなのですが、作品を探したりするのが結構面倒です。

できれば、「プライム・ビデオ」というカテゴリーを作って、いちらん表示をしてもらいたいものですが、「Kindleオーナーライブラリー」のサービスも特にカテゴリーが設けられているわけではなく、検索後に絞り込みというようなスタイルですので、このまま変わることは無いだろうと予想しています。

現状では「1500」ぐらいのコンテンツがあるようです。今後増えたり、月々によってラインナップの変更が行われたりするのでしょうか?

特に希望のタイトルがなくても、年間 3,900円であれば、暇つぶしとしては十分元は取れそうな気がします。

次回は「Kindle」を使用した場合の検索方法について話題にしてみようと思います。

関連記事


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする