中華7インチタブレットに「Windows 10」のアップグレード通知がきました

   2016/04/18

ウチの利用している中華「Windows 8.1」タブレットの「iWork 7 Dual Boot」、サイズは「7インチ」

「Windows 8.1」と「Android 4.4.4」が切り替えて使用できるというマシン。

本日、「Windows 8.1」のアップデートが来ていたので、行ってみると、画面の右下に「Windows」のマークが登場しました。

15071601

このマークは、、、

「Windows 10」へのアップグレードの通知です。

「Windows 10」の動作環境は以下の通り。

プロセッサ:1ギガヘルツ(GHz)以上のプロセッサまたは SoC
メモリ:「32ビット版で」は1GB、「64ビット版では2GB
ハードディスクの空き領域:「32ビット版OS」では16GB、「64ビット版OS」では20GB
グラフィックス カード:DirectX 9 以上 (WDDM1.0ドライバー)
ディスプレイ (画面解像度):1,024×600

詳しくは以下の「Microsoft」サイトでどうぞ。

 → https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-specifications

上記に加えて、「8インチ以上」という条件があります。

そのため、7インチサイズの「iWork 7」シリーズは対象外とばかり思って、あきらめていたのですが、、、、

もしかして、できるのですか??

早速、「Windowsマーク」をクリックしてみます。

15071602

「Windows 10」へのアップグレードの案内が、ちゃんと表示されます。左上のメニューを開き、「PCのチェック」で確認してみます。

15071603

15071604

「このPCはシステム用件を満たしています」と表記がでました。

ここで、「iWork 7」のスペックをおさらい。

CPU:インテル Atom プロセッサー Z3735 1.33GHz
メモリ:2GB
GPU:Intel HD Graphics
ディスプレイ (画面解像度):1,280×800

液晶サイズが「7インチ」ということを除けば、「Windows 10」の動作環境は満たしています。

「8インチ以上」という表記は「1,024×600以上の解像度」という意味で使われているのでしょうか??

「iWork 7」のシステムプロフィールは以下の画像で確認ください。

15071606

アップグレードできるならしようということで、予約してみました。

15071605

普通にアップグレード予約ができました。

アップグレードの予約方法については、以前の話題で詳しく記載しましたので、そちらを参照ください。

 → Miix 2 8 で「Windows 10」の無料アップグレードを予約する

「iWork 7」のOSは「Windows 8.1 with Bing」です。

「with Bing」でも無償アップグレードの対象になるんですね。

ちょっと驚きです。配信予定が「7月29日」になっていますので、早々にアップグレードしてみようと思います。

いざアップグレードしようとして、7インチということで拒否されるようなことがなければいいのですが。

しかし、「iWork 7」が無償で「Windows 10」へのアップデートができるようであれば、今後、もっともっと活用の機会が増えそうな気がします。

それに、同じような他の「7インチ中華タブレット」でも同じようにアップグレードできそうな感じがしてきます。

ーーーーー

<2015年8月13日 追記>

「iWork 7」を「Windows 10」にアップグレードしてみました。

 → 中華7インチタブレットを「Windows 10」にアップグレードする

ーーーーー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)