「Blackview BV6000」のバッテリー性能について

 

先日購入したスマートフォン「のバッテリー性能について」のバッテリー性能を調べてみました。

購入については、以前の話題でご確認下さい。

バッテリー性能は、サイトによって「4200mAh」と記載されていたり「4500mAh」と記載されていたりバラバラ。

この辺りが中華スマホのいい加減なところ。

バッテリー管理アプリケーションを入れて確認してみると、、、

「4160mAh」と表示されました。おそらく「4200mAh」で間違いなさそうな気がします。

通常のスマートフォンと比べても大きな容量のバッテリーを搭載しています。

動画の連続再生で持続時間を調べて見ました。

動画の再生は、ストリーミング動画配信サービス「バンダイチャンネル」の連続再生を利用しました。

液晶の輝度は「50%」、音量も「50%程度」で連続再生をかけました。

ディスプレイの自動輝度調整機能は「OFF」にしておきます。

音声も「50%」ぐらいに設定します。

話数のたくさんある「美味しんぼ」を1話から連続再生をかけました。

以下はバッテリー残量の推移です。

再生開始:残量 100%

1時間後: 85%
2時間後: 71%
3時間後: 62%
4時間後: 54%
5時間後: 47%
6時間後: 41%
7時間後: 35%
8時間後: 20%

8時間13分後:バッテリー残 15%の警告

9時間後: 8%
10時間後: 2%

10時間で残り「2%」になったので、ここで終了しました。

「美味しんぼ」は「1話」から初めて、「23話」まで再生することができました。

よくよく見ると、バッテリーの残量割合の減り方が一定ではありません。まだ使い始めたばかりだからでしょうか??

バッテリーのグラフを確認すると、以下のような感じでした。

あまりにもバッテリーが持続するので、途中で電源を切りながらのチェックしましたので、途切れが発生しています。

一定割合で減らずに一気に減っている部分もあるので、もしかしたら裏で何か動いてバッテリーを消費していた可能性も考えられます。

でも、動画再生で「10時間」も持続すれば十分です。

輝度を落としたり、ヘッドフォンを使用すれば、もっともっと連続再生時間は伸びそうです。

ついでに、バッテリーの消費割合も確認してみました。

画面が「86%」も使用していました。

ほとんど液晶で消費したようです。

「防水」、「防塵」なタフネススマホで、バッテリーも大きいので、野外で十分に活躍しそうです。

ちょっとデカくて、重いのが難点ですが、「OUKITEL K10000」に慣れているウチにとっては、逆に「軽い!!」と感じてしまうスマホです。

このスマホのメーカーサイトは以下の通り。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)