自家発電可能なデジカメ「SUN&CLOUD」を買ってみました

 

色々なところに行くたびに、以前購入したトイデジ「デジタルハリネズミ 3.0」を利用しています。

「300万画素」のおもちゃみたいなデジカメで、面白い写真が撮れるのです。

こんな感じの味わいのある写真が撮れます。本体も小さいですので、いつも持ち運んでいます。

「デジタルハリネズミ」については、以前の話題でご確認ください。

 トイデジ「デジタルハリネズミ 3.0」を購入(2015年2月12日の話題)

さて、今回、この「デジタルハリネズミ」の姉妹機種の「SUN&CLOUD」が安売りされていました。

「楽天市場」で、3240円(税込)。

2013年に発売されたカメラですので、この価格は、在庫処分かもしれません。

このカメラ、ユニークなのが、発電用のソーラーパネル、また、手回しの発電ハンドルがついていること。

それを利用して充電もできるという「自家発電可能」なカメラ。

「面白い!!」と思って、購入することにしました。

「ホワイト」と「ブラック」の2色がありましたが、「ホワイト」にしました。「ブラック」だと味気ないかなぁ、、、と思って。

商品が届いてみると、外観はおしゃれなパッケージ。

なぜか、説明書は外に出ていました。

開けてみると、本体、USBケーブル、説明書だけのシンプルな内容。

本体の上部に、ソーラーパネルが確認できます。

このカメラの画素数は「300万画素」

本体をマウスと比べてみました。やや大きめの立方体です。

天板にソーラーパネル、また、レンズの上にはフラッシュ用のLEDライトも付いています。

背面には液晶パネル、側面に、発電用のハンドルがついています。

説明書によると、、、

ソーラーパネル発電約12時間

ハンドルクランクジェネレーターによる発電1分間に100〜150回転を目安に1分間回した場合、4〜8枚の静止画撮影が可能

その他、USBポートを利用して、約75分での充電も可能です。

2013年のカメラですので、USB端子は現在主流の「Micro USB」ではなく、「Mini USB」のタイプです。

USBポートの横には、「Micro SD」カードのスロットがあります。

本体に保存用メモリはありませんので、撮影するためには「Micro SD」カードが必須となります。

SDカードは「16GB」の容量まで対応しています。

余っていた「16GB」の「Micro SD」カードを差し込んでみたところ、「17000枚」以上も撮影することができるようです。

カメラの画素数が「300万画素」ですから、写真のデータサイズも小さいのです。

早速、撮影してみました。

なんともいえない色合いです。

夕暮れの電柱を撮ってみると、かなり良い写真になりました。

また、色々なカラーモードを選択して撮影ができます。

例えば、、、

こちらは、通常のデジカメで撮影した写真。

同じ風景を同じ構図で「SUN&CLOUD」の「VIVID」というカラーモードで撮影すると、、、

一気に30年前のような写真になってしまいました。

その他にも「モノクロ」で撮影、、、

カラー撮影で「8種類のモード」、モノクロ撮影で「7種類のモード」があり、色々と試すことができます。

電池が空でも、ソーラーパネルで発電、ハンドルクランクジェネレーターによる発電ができるので、充電を忘れて出かけてもなんとかなります。

データの転送ですが、USBポートでパソコンに接続してカメラの電源をいれると、ストレージモードとして動作しますので、データ移行も簡単です。

これまで、「デジタルハリネズミ 3.0」を愛用していましたが、電池の入れ替えやSDカードからのデータの移行に手間がかかっていたので、こっちのカメラの方が便利かも、、、と思っています。

でも、「デジタルハリネズミ 3.0」に比べて少しサイズが大きいのが難点。

でも、こんな面白い「トイデジ」が「3240円」(税込)だったら、1台買っても良いですよね。

通常のデジカメやスマホで撮影するのと比べて、撮って確認するのが楽しくなります。

どうでもいいような物を無駄に撮影したくなりますから、、、

このカメラの詳しい詳細は、メーカーサイトでも確認できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)