「Safari」で「Twitter」を表示するとモバイルサイトが表示される

   2016/04/18

パソコンで「Twitter」を利用している人は多いのではないでしょうか。

出先ではスマートフォンで利用しているけど、自宅では大きな画面のPCで、、、という人もいることでしょう。

ウチも自宅では「Mac」の「Safari」を利用しています。

ところが最近、「Twitter」のページにアクセスすると、モバイル用ページに飛ばされるようになりました。

 → https://twitter.com

こちらの公式サイトにアクセスした場合、「https://mobile.twitter.com」のモバイルページにジャンプします。

15121001

調べたところ、ブラウザが古いためのようです。

ウチの「Safari」の環境は、、、

OS:Mac OSX 10.7

Safariバージョン:6.1.6

15121002

OSが古いため、最新の「Safari」は利用できません。ちなみに、最新の「Safari」のバージョンは「Safari 9.X」

さすがに「6.X」では古すぎます。

OSが古いため、新しいバージョンの「Safari」のインストールもできません。

では、どうやってPCのサイトを表示するか、、、ということになりますが、、、、

 別のブラウザを利用する

これが一番無難でしょう。

いくつか挙げてみると、、、

Google Chrome

 → https://www.google.co.jp/chrome/

「OSX 10.6」以降で使用可能です。64bitマシンでしか使用できませんので、Core solo、Core Duoマシンでは使用できません。Intel Macで「Core 2 Duo」以上のCPUが必要です。

15121003

ちゃんと表示されます。

Firefox

 → http://www.mozilla.jp

「OSX 10.6」以降で使用可能です。

15121004

ちゃんと表示されます。

Opera

 → http://www.opera.com

15121005

こちらもちゃんと表示されます。

ブラウザを変更して使う方が良さそうですね。

でも、なんとしても「Safari」で見たい!!

という人は、「Safari」の「ユーザーエージェント」の機能を使いましょう。

 ユーザーエージェント機能を使用する

「Safari」を起動し、「環境設定」を開きます。

15121006

「環境設定」内の「詳細」のタブに移動し、「メニューバーに”開発”を表示する」にチェックを入れます。

15121007

メニューバーに「開発」が出てきますので、そのメニュー内の「ユーザーエージェント」にカーソルを合わせると、、、

15121008

たくさんのブラウザが表示されます。

15121009

これは何か?? というと、、、

ブラウザに偽装をさせる機能です。

現在のブラウザは「Safari 6.1.6」ですが、表示されている「Internert Exploler」や「Firefox」などに偽装してページを表示させます。

「Twitter」側は、「Safari 6.1.6」からのアクセスでなく、偽装した「Internert Exploler」や「Firefox」からのアクセスだと受け取りますので、ちゃんとページが表示されるという仕組みです。

早速、「Internert Exploler 10」にチェックをいれて、、、

15121010

「Twitter」のサイトにアクセスすると、、、

15121011

こんな感じで、「Safari 6.1.6」でも、モバイルのページに移動させられず見ることができます。

気をつけないといけないのは「Internet Exploler 9」以前のバージョンの場合も「Safari」と同じようにモバイルページに移動させられるので、「Internert Exploler 10」や「Chrome」、「Firefox」を選んでください。

これで、「Safari 6.1.6」でもPCページを見ることができます。

この「ユーザーエージェント」は他のサイトでも役に立つことがあるので、使い方を知っておくと便利です。

さて、さらに古い「Mac OS」の「Safari」ではどうなるのでしょうか。

「OSX 10.5」の環境がありましたので、そちらでも調べてみました。

「OSX 10.5」の「Safari」のバージョンは「5.0.6」とさらに古いです。

15121012

やり方は同じです。「環境設定」からメニューバーに「開発」を表示させて「ユーザーエージェント」を選択します。

15121013

「Safari 6.1.6」とは表示されるブラウザが結構違います。

さらに古いバージョンですからね。

「Internet Exploler」は「Internet Exploler 9」までしかないので、ダメ。

「Twitter」を表示させても、モバイル用ページに飛ばされてしまいます。

その他、「Opera」や「Firefox」だと、、、

15121014

一応表示はされましたが、なんかちょっとレイアウトが崩れています。

うーん、「OSX 10.5」では、見れないことはないですが、ちょっと無理があります。

ともかく、古いMac OSでも、他のブラウザや「Safari」の「ユーザーエージェント」を利用することで、まだまだ延命できそうです。

現在、古い「Mac OSX」を使用してて、ブラウザの表示に困っている人は試してみてはどうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 竹口ちさと より:

    たいへん役立ちました。
    ありがとうございました!

    こちらの記事にある通り、OSのバージョンが古くて(OSX10.8.5、Safari6.2.8)モバイルのツイッターサイトしか表示されず、それだと機能が限定されるので何とかならないものかと思っていました。ユーザエージェントを使った方法で無事にパソコン版が表示されるようになりました。

    まさかブラウザに偽装させる機能があったとは!
    貴重な情報を教えていただき、感謝申し上げます。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)