スマホのカメラでホタルの「光の軌跡」を撮影する

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

ホタルの時期になりました。

ホタルをみると、よく見る「光の軌跡」のある幻想的な写真を撮影してみたくなります。

でも、高性能なカメラは持っていないし、「なんとか手持ちのスマホでとれないものか??」と考えてします。

さて、ウチの使っている「ASUS」のスマートフォン「ZenFone Zoom S」ですが、デュアルレンズを搭載したカメラ機能重視のモデルです。

このスマホ、マニュアル撮影モードも充実しているので、一眼やミラーレス、上位機種のコンデジのような、「ホタルの乱舞する光の軌跡みたいな写真が撮れるのではないか??」と思い、挑戦してきました。

試してみると、実際に、「それっぽい写真」が撮れるんですよ。(下の写真はスマホで撮影)

今回の話題は、その撮影について、、、

ウチの地元の「福岡県宗像市山田」にある「ホタルの里公園」に行ってきました。

住宅地の少ない山間にある公園です。

雨の予報の前の日で、ホタルが一番出やすい条件の日だったのですが、行ってみると、たくさんのホタルが飛んでいました。(5月末に訪問)

日が暮れて、「19:30」頃になると、辺りは薄暗くなっていきます。

公園内をスマホのカメラ(オートモード)で撮影すると、、、

上の写真のような感じでパッとしません。

同じく「オートモード」でホタルを撮影してみると、、、

真っ暗な写真の中に、ホタルの光がポツポツと写るだけ、、、

あらかじめ説明を受けて写真を見せられると、ホタルの光だと判りますが、説明が無いと、ただの失敗写真です。

ちょうど見頃なんですが、こんな失敗写真ではガッカリ気分にしかなりません。

周囲にいた見物客も、スマホで写真を撮ろうと悪戦苦闘していて、結局、真っ暗で写らないと嘆いている人も多かったです。

ということで、「オートモード」 → 「マニュアルモード」に切り替えて、様々な設定を変更して撮影を試みます。

その前に、、、

撮影に用いた「ASUS」のスマートフォン「ZenFone Zoom S」のカメラ性能について、、、

背面には、メインカメラと光学2.3倍のズームカメラのデュアルレンズ搭載です。

・メインカメラ:1,200万画素F値 1.7
・ズームカメラ(光学2.3倍):1,200万画素F値 2.0

メインカメラは、「F値 1.7」と現行のスマホに搭載されているレンズの中では明るいカメラなんですが、それでも「オートモード」での撮影だと、上の写真のように真っ暗になってしまいます。

マニュアルモード(Proモード)へと変更します。

まず、「光の軌跡」を写すためには「シャッタースピード」を遅くする必要があります。

通常は「パシャッ」と一瞬で撮影するのですが、光の軌跡を写すためには時間をかけて「パシャーーーーーーーーッ」と撮影する必要があります。

それにより、光が「点」→「線」になるわけです。

「ZenFone Zoom S」では、「1/10000秒〜32秒」まで「シャッタースピード」の変更が可能です。(範囲内の任意の数値ではなく、用意されたいくつかの数値)

オートモードの場合は、真っ暗な場所だと「1/10秒」程度のスピードで撮影されていました。

「1/10秒」の時間で撮影されていたわけですから、光の「点」しか写ってないのです。

「シャッタースピード」を変えればOKか?? と言われると、そうではなく、いくつか問題がでてきます。

「パシャーーーーーーーーッ」と長時間かけて撮影すると、通常は、「露光オーバー」となり「真っ白け(白っぽい)」の写真になっちゃいます。

そのために「ISO」の感度を変更してあげる必要が出てきます。

「ISO」の感度は、数値を上げる:明るく、また、数値を下げる:暗くなります。

そのバランスを考えて設定することが重要です。

「ZenFone Zoom S」では、「50〜12800」まで変更が可能です。(範囲内の任意の数値ではなく、用意されたいくつかの数値)

写してみて、暗ければ感度を上げるなどの調整が必要です。

そして、「フォーカス」をマニュアルの最大へと変更。

これで、撮影をします。

撮影できた写真が以下のものです。
(写真はリサイズ及び、容量の圧縮をしたのみで、編集ソフトなどで明るさや色味の調整などは行っていません。)

木々の中を飛ぶホタルを撮影。

 シャッタスピード:20秒 ISO感度:3200

 シャッタスピード:20秒 ISO感度:1600

 シャッタスピード:32秒 ISO感度:800

スマホのカメラの割には、良い感じに撮れていると思います。(それっぽい写真に仕上がっています。)

「ISO」感度は、周りの明かりの状況などで変更が必要です。

この設定を変えても、スマホの画面は、真っ暗闇が映し出されるだけです。そのため実際に写して確認しないと出来上がりは判りません。

何度も撮って慣れていくしかなさそうです。

もう1つの問題は、「パシャーーーーーーーーッ」と長時間かけて撮影しているので、撮影中はカメラをしっかりと固定しておくことが重要です。

そうしないとブレブレの写真になっちゃいます。

三脚や、スマホスタンドが必須となります。

今回の撮影では、ウチは三脚を持っていくのを忘れていました。

そのため、ブレブレの写真ばかりになってしまいました。その点は反省。

下の写真なんか、背景の建物がすっかりブレてしまっています。

次回、スマホスタンドを持参して再チャレンジしよう。

ISOの感度を上げると、画質が悪く、ザラッとした質感になる、、、等と言われますが、、、

今回は、たかだかスマホのカメラでの撮影です。

ウチ自身、写真愛好家でも、カメラマニアでもないので、これだけ「それっぽい写真」が撮れれば満足です。

でも、今回の撮影中、時間をかけて色々撮っていたので、高級そうなカメラをもったおじさんに話しかけられました。

「スマホのカメラだと、撮れないでしょう?」って、、、

もちろん、高性能カメラほどの写真は望めませんが、ブログに載せるぐらいなら十分。

「ZenFone Zoom S」も、なかなかやるな、、、という印象。

ちなみに、この機種、バッテリー容量の「5000mAh」と大容量でバッテリー切れの心配がありません。

ウチは、この機種を気に入っており、気がついたら、、、

「ホワイト」と「ブラック」の2台持ちになってた、、、

こんな感じで、スマホでも、設定次第で「それっぽい写真」の撮影は可能です。

スマホ購入や機種変更の際には、マニュアルモードの充実している機種にするのも面白いと思います。

「シャッタースピード」「ISO」数値を変更できる機種にすると、写真撮影も、より面白くなると思いますよ。

関連記事


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする