「Blackview BV6000」で使用可能なUSBケーブル

 

ウチの使用している中華スマホ「Blackview BV6000」ですが、防塵、防水のせいか、USBコネクタが深い位置にあり、通常のUSBケーブルでは届きません。

中華スマホ自体がUSBコネクタが深い位置にあるものが多く、USBケーブルを選びます。

付属しているものを使っても良いのですが、仕事先用、家用、持ち運び用といくつかケーブルが欲しいところ。

もし、ダメになった時や無くした時も困りますし。

100円ショップの「Seria(セリア)」で販売していたUSBケーブルを以前話題にしました。

このケーブルも通常のものよりも少し長めなのですが、これでもダメです。使用できません。

そこで、色々と調べてみると、Amazonなどで「Micro USB」端子側の長いケーブルが販売されていました。

「ボディに干渉し難い 7mm ロング端子」というのが特徴らしい。

これを購入しても良いのですが、もっと安く手に入らないかなぁ、、、

なんて思い、またまた100円ショップに。

そうしたら、ありましたよ。「Micro USB」端子側の長いケーブルが。

前回と同じく「Seria(セリア)」で販売していた商品。

「充電専用」になりますが、かなり端子が長い。

ウチの場合は、データ移行はWi-Fiを利用したデータ移行や、クラウドスペースを利用してやりとりすればいいので、充電さえできれば十分です。

以前話題にしたケーブルと比べてみると、、、、

長いですよね。左側のケーブルも通常のものと比べると長いのですが、更に長いケーブルです。

試しに買って、「Blackview BV6000」に繋いでみると、無事に充電できました。

これはラッキー。

「at.Q:株式会社アットキュー」「AT-CASTUSM01」という商品です。

ケーブルの長さも「50cm」と使いやすい長さ。

特に記載がないので、急速充電には対応していないと思いますが、寝ている時に充電するような目的なら急速充電の必要はありません。

「108円(税込)」でケーブルを入手することができました。

まずは「ピンク」を購入しましたが、色違いで「ブルー」や「シルバー」もありました。

「ピンク」で充電できることを確認し、追加で「シルバー」を購入。

ところが、「シルバー」のケーブルは充電ができたり、できなかったりと非常に不安定。

なんで?? と思って、色々チェックしてみました。

「ピンク」も「シルバー」も端子の長さは、ほぼ同じです。

でも、裏返してみると、、、

微妙に固定用の爪の位置が違いました。

わずかな差になりますが、「ピンク」の方が、より先端側にあります。

「Blackview BV6000」に繋いでみると、「ピンク」の方がしっかりと固定され、「シルバー」の方は固定が甘い感じです。

そのため、「シルバー」の方はうまく固定されずに充電が不安定になるのではないかと思います。

色違いの商品なのに、こんな違いがあるとは、、、

もしかしたら製造のロットで違いがあるのかもしれません。

普通のMicro USBだと全く問題なさそうですが、コネクタが深い「Blackview BV6000」だと違いがでるようです。

製造のロットの違いだと、同じ商品でも次回出荷分では爪の位置が「シルバー」のものと同じになるかもしれないので、次の日に「セリア」で「ピンク」の在庫をすべて買ってきました。

ちょっと買いすぎ??

購入した在庫分の「ピンク」のケーブルは全部同じ形状でしたので、「Blackview BV6000」に繋いで無事に充電できました。

とりあえず、これだけあれば大丈夫でしょう。

最初の1本+追加購入分の5本、合わせて6本で、「648円(税込)」です。

充電専用で通信はできませんが、十分でしょう。

「シルバー」を1本買って失敗しましたが、これは別で使うことにしましょう。

「Blackview BV6000」の充電ケーブルを安価で手に入れたい場合は、「Seria(セリア)」に行ってみるのはいかがでしょうか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)