デジタルハリネズミのグッズなど

   2016/04/18

先日購入したトイデジの「デジタルハリネズミ」

 → トイデジ「デジタルハリネズミ 3.0」を購入

小さいだけに、どこにでも持ち運んで撮影できるように、ケースとストラップを取り付けてみました。

1502151

ダイソーで購入したケースですが、ピッタリのサイズです。

1502152

「STUDIEUX」という文字が入っています。

1502153

1502154

ピッタリと表現しましたが、ジャストサイズというわけではなく、少し余裕があるので、予備の電池も入れておく事ができます。

ケースとカメラには、これまたダイソーで購入したネックストラップを取り付け。

カメラもケースもストラップにつけることで、さっと撮り出して撮影できる状態にしました。
ケースもストラップに付けておくと、取出した時に落として紛失するということもなくなります。

ダイソー利用ですので、ケースとストラップで「税込 216円」

この状態でも総重量は80gです。(軽い!)

また、この「デジタルハリネズミ 3.0」は「CR2」という乾電池式です。

そのため、「CR2」タイプの充電電池も購入しました。

「電池プロ」というお店で、サイトは → こちら

1502155

1502156

充電器と電池2本、送料を含めて3,000円程度。

もし旅行中等に、充電した電池が切れた時には、お店で「CR2」の電池を購入して使えばよし。
この面では乾電池式のデジカメはいいですね。

ちなみにせっかく繰り返して何回も使える電池を入手しましたので、どれくらい撮影ができるのか検証してみました。

「デジタルハリネズミ 3.0」にて動画の撮影チェック。
充電器から外したばかりのフルの状態でカメラに入れ、動画を30fpsにて撮影開始。

動画 30fpsの設定 で 40分程度録画できました。

思ったよりもバッテリーは持ちます。
動画でこの時間ですから、普通の写真であれば、バッテリーを気にする事無く撮ってもしばらく持ちそうです。

ついでに確認できたこととして、他のデジカメよくある動画撮影30分の制限がありました。

「デジタルハリネズミ」の動画撮影についても、30分で新しいファイルが作り直されます。(1ファイルに30分しか撮影できませんでした。)

つまり、40分程度の連続撮影を行った場合、2ファイル(30分の動画+10分の動画)ができます。

今回、ケース、ストラップ、充電電池と環境を揃える事ができました。

これから撮影を楽しみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)