世界中で利用できるプリペイドSIMカード「GigSky」を購入

   2016/04/18

SIMフリースマートフォン「Zenfone 5」を「MVNO」会社「Hi-Ho」の音声SIMで運営しています。

「docomo」なら「海外パケ・ホーダイ」
「au」なら「海外ダブル定額」
「ソフトバンク」なら「海外パケットし放題」

等のサービスがありますが、「MVNO」では利用できません。

どうにかならないかということで、見つけたのが世界中で使用できるプリベイトSIM「GigSky」です。

1502141

以前海外に行った時に一度、レンタルWi-Fiのサービスを利用してみましたが、なにせスマートフォンとルーター端末の2つを持ち歩くのは面倒。

それなら、せっかくのSIMフリースマートフォンですし、SIMを交換すればいいと判断。

長期滞在などはなく、旅行で海外に行く程度なので、プリペイドで十分。

注文して、3日ぐらいで届きました。
「Zenfone 5」にて使用する予定ですので、「Micro SIM」を選択。

1502142

プリペイド式なので気になるのは価格です。
今度、韓国に旅行に行く予定ですので、そちらを例にとってみましょう。

1502143

3日 50MBで 1,200円
7日 175MBで 3,000円
14日 300MBで 1,200円
30日 500MBで 6,000円

数日の滞在なら 1,200円 50MBで十分な気がします。
足りなくなれば、追加でさらに 50MBを継ぎ足せばいいですし。

実際に海外で利用する場合って、ちょっとした地図の確認。
FaceBookやツイッターを利用した情報発信。
メールの確認。

このような用途だと思うので、2〜3日なら50MBでも大丈夫な気がします。
ホテルや駅、空港などは、Wi-Fiサービスを提供しているところもありますし、そういうところでは、そちらを利用すれば良い訳ですし。

その他の国も参考までに。

1502145

オーストリアは韓国よりも割安。

1502146

ベトナムは高い、、、、

価格をチェックするだけでも、そこそこ面白い。

設定はいたって簡単。データローミングをONにして説明書に書かれたAPNを設定。

「Android」の場合はこんな感じ。

1502147

後は専用アプリでデータを購入すれば使えます。
価格も専用アプリで確認できます。

国を移動時は1度ですが、1日10MBは無料で利用できるようです。

さっそく、1度限りの1日10MBの無料分を利用して、日本の10MB分で接続テストを行ってみましたが、問題無く使用できました。

1502144

プリペイドなので、使いすぎることもありませんし、良いかもしれません。

長期滞在などであれば、現地のSIMカードを利用した方が安いとは思いますが、たまに海外に短期旅行等の場合は、このSIMカードはおすすめかもしれません。

「MVNO」の音声サービスを利用してて、SIMカードをチェンジすると音声が使えなくなる、、、というデメリットはありますが、その際は「050+」の利用を検討してみてもいいかもしれません。

通常の電話番号を「050+」の電話番号に転送するようにしておけば、そちらで受信できます。
「050+」については、海外での利用の場合も、日本で使用するのと同じ価格ですし、かけるときに海外発信の設定等も必要ありません。

「MVNO」を導入していて、海外でもデータ通信を使いたい方は検討してみてはいかがでしょう。

早速、次回の韓国旅行で試してみようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください