「OUKITEL K4000 Pro」のバッテリー性能について

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

先日購入したスマートフォン「OUKITEL K4000 Pro」のバッテリー性能を調べてみました。

購入や動作チェックについては、以前の話題でご確認下さい。

 → 中華スマホ「OUKITEL K4000 Pro」を買ってみました

 → 「OUKITEL K4000 Pro」を軽く使ってみた感想等

このスマートフォンは、その頑丈さが売りとなっていますが、バッテリーも「4600mAh」と通常のスマートフォンよりも大きくなっています。

そのため、重量が「245g」と重いですけど。

以前、同じメーカーの「OUKITEL K10000」のバッテリー性能についても話題にしました。

 → 「OUKITEL K10000」のバッテリー性能について

この時は、「連続動画再生21時間」という結果でした。

「10000mAh」の半分程度の容量ですので、「11時間」ぐらいの再生は期待できそうです。

確認方法ですが、ストリーミング動画配信サービス「バンダイチャンネル」の連続再生で持続時間を調べてみました。

液晶の輝度は「50%」、音量も「50%程度」で連続再生をかけました。

16051901

「明るさの自動調整」は「OFF」にしておきます。

16051902

話数のたくさんある「機動戦士Vガンダム」を1話から連続再生をかけました。

以下はバッテリー残量の推移です。

再生開始:残量 100%

1時間後: 93%
2時間後: 85%
3時間後: 76%
4時間後: 68%
5時間後: 59%
6時間後: 50%
7時間後: 40%
8時間後: 30%
9時間後: 20%
10時間後: 11%
11時間後: 2%

「2%」になったところで、終了させました。

実に「動画再生11時間!!」

当初の予想通り「OUKITEL K10000」の半分程度の結果となりました。

輝度を落としたり、ヘッドフォンを使用すれば、もっともっと連続再生時間は伸びそうです。

「機動戦士Vガンダム」は「1話」からはじまり、11時間後には「26話」が再生されていました。

今回のチェックは、購入したときの状態に「バンダイチャンネル」のみをインストールした状態で行いましたので、その他のバックグラウンドで定期的に動作するようなアプリケーションがインストールされている場合等は、計測結果が異なってくるかもしれません。

30分のアニメなら2クール分は見ることができます。

1時間ドラマでも、1クールは十分見ることが出来ます。

通常使用では「4600mAh」でも十分ですね。

ただ、バッテリー容量が大きいので充電にもある程度の時間はかかります。

その点は注意が必要です。

裏パネルを外してバッテリーを確認したところ、「4600mAh/17.48Wh」のバッテリーで、チャージは「4.35V」までサポートされている表記がありましたので、急速充電には対応しているように思われます。

実際に「5.2V 2.0A」のACアダプタで試したところ、90%ぐらいまでは、2時間程度で充電できました。

それから、100%までするのに、更に2時間かかりました。

この状況から判断すると「トリクル充電」に対応しているのでしょうか??

その辺が気になるところ。

特にメーカーサイトには記載がないんですよね。

メーカーサイトは以下の通りです。

 → http://www.oukitel.cc

関連記事


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする