Y!mobileの「スーパー誰とでも定額」に加入してるのに、通話料金が発生してるぞ!なぜ?

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

ウチは、通話に関しては「Y!mobile」の電話を利用しています。

使っている機種は、通話のみのガラケー「Simply 603SI」です。

「PHS」が、サービス終了(停波)するのに伴い、機種変更を行なった分です。

この件については、以前、話題にしています。

 PHS → Y!mobile 「Simply 603SI」に機種変更しました
  (2020年7月5日の話題)

「PHS」からの機種変更の特典もあり、現在の料金については、以下の通りとなっています。

ケータイベーシックプランSS934円
スーパー誰とでも定額無料

「スーパー誰とでも定額」は、他社も含めたすべてのスマートフォンやケータイ、または固定電話への国内通話が、無料でご利用いただけます。というサービスです。

電話のみの契約で、パケット通信などは一切行うことができません。

でも、通話のみとはいえ、かけ放題で、この料金はお得なので、持続できるだけ持続しようと思っています。

さて、ここからが今回の話題の本題になります。

かけ放題の電話のはずですが、6月の明細を見てみると、「謎の通話料金」が発生していました。

通話料金が「110円」発生しています。

「スーパー誰とでも定額」に加入しているのに、何故、通話料が発生しているんだ??

ちなみに、「オプションサービス料」は、「Enjoyパック」に加入分の「500円」です。

「その他サービス料」は、「ユニバーサルサービス料」です。

通話料金の正体は??

「110円」の通話料金が不明でしたので、詳細を確認してみました。

確認すると、「560円」の通話料のうち、「スーパーだれとでも定額」で引かれた料金が「460円」、そして「0570」での通話分が「10円」分ありました。

「110円」の中で、「0570」通話分の「10円」は判りましたが、残りの「100円」の料金が不明です。

よく判らずに、電話機に残っている通話履歴などを調べたところ、「留守番電話サービス」の伝言メッセージを利用していたことが確認できました。

そして、「Y!mobile」の公式サイトを確認してみると、以下の記載がありました。

伝言メッセージを再生する際に、30秒につき22円の通話料が必要です。

「スマホプラン」、「スマホベーシックプラン」、「ケータイプランSS」、「ケータイベーシックプランSS」、「スーパーだれとでも定額」などの無料通話分に含まれません。

不明だった通話料「100円」の正体は「伝言メッセージ」でした。

思い出してみると、電源を切っているときに留守電が入っていて、「伝言メッセージ」を確認していました。

通常であれば、「Simply 603SI」は、電話自体に留守電機能があるので、そちらで対応しているのですが、電源を切らないといけない場所にいたことがあり、その時に「留守番電話サービス」の伝言メッセージに留守電が残されたことがあったんです。

これは盲点でした。

機種変更をして、1年経っているのに、気づいていませんでした。

というか、これまで本体に留守電が残されることばかりで、「留守番電話サービス」の伝言メッセージを確認したことがなかったので、知りませんでした。

せっかくの「スーパーだれとでも定額」なんですから、留守電のメッセージ確認も無料にしてくれればいいのですが。

今後は、気をつけるようにします。

最後に、詳細を見ても、使った電話料金が判らない方へ。

それは、きっと、留守電のメッセージ確認ですよ。

この話題が良かったら、下の【いいね!】ボタンをお願いします。

この話題へのコメントは ▶︎▶︎こちら

関連記事


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする