故障した「ZenFone Zoom S」を入手したので修理してみる(その1)

 

「ASUS」のスマートフォン「ZenFone Zoom S」の故障品がフリマアプリで出品されていたので、入手してみました。

「ZenFone Zoom S」といえば、5.5inchサイズのスマートフォンで、光学2.3倍ズーム可能なディアルレンズカメラを搭載し、バッテリー容量も「5,000mAh」と大容量。

前々から欲しいと思ってはいたのですが、結構高いので諦めてました。

そんな折に、「落として液晶が割れ、画面が映らなくなった」という説明文のある「ZenFone Zoom S」本体がフリマアプリに出品されていました。

価格は、送料込みの「1万円」

なんとなく、液晶だけ交換したら直るんじゃないの?? と思って、ダメ元で買ってみました。

半分バクチです。

バクチをしたくなるような絶妙の値段設定だったんですよね。

そして、本体がやってきたのですが、落としたという割には、かなり綺麗な状態。

確かに画面は一切映らないのですが、ボリュームキーを押すと音は鳴るし、物理キー操作で本体のバイブレーションが働くので、動作はしているようです。

画面は、パッと見ると割れていないように見えますが、光を当ててよく見ると、確かに内部にわずかな割れの跡が見えます。

ということで、液晶を手にいれて交換してみることにしました。

液晶パネルは、海外通販の「Ali Express」での購入です。

 → http://www.aliexpress.com

価格は、送料込みで「53.78ドル」、日本円で「約6,000円」でした。

「液晶」と「フレーム」がセットになったものを購入しました。

「液晶」だけだと、もう少し安いのですが、「液晶」と「フレーム」は強力な両面テープで固定されているので、交換の際に手間がかかります。

フレームの有無での値段差も「4ドル程度」でしたので、「フレーム付」にしました。

注文して、10日程度で到着。

ありがたいことに、交換用の工具一式も付属していました。

フレームと液晶のセットなんですが、フレームは「程度の良い中古」のような感じです。シールの跡が見受けられました。

液晶の方は「新品」のような印象。

まぁ、大きなダメージもないので、「中古」でも問題ないのですが。

フレームセットで無い場合は、このプラスチックフレームから、液晶パネルを取り外す必要があります。

これが、強力な両面テープで固定されているので、外すのが大変なんです。だからフレーム付きを購入しました。

さて、この「ZenFone Zoom S」の分解ですが、まずは「USBポート」の隣にあるネジを外さないといけません。

上の写真の赤い部分のネジ2本を外すわけですが、ここで問題が、、、

付属してきた工具のドライバとネジのサイズが違う、、、

せっかく付属してきた工具が使えませんでした。

この辺の適当さが海外通販だなぁ、、、と思います。

この部分のネジは「トルクスドライバ(ヘックスローブ)T2」というサイズでした。

ところが、付属してきたのは「T4」のドライバ。

しょうがないので、ホームセンターにドライバを買いに行きましたが、「T2」なんてドライバは、なかなか売ってません。

3軒目で、ようやく見つけ購入。

「T2」〜「T20」までがセットになったドライバです。これだと今後も何かに使うことができるでしょう。

これで、ようやく交換作業を行うことができます。

ネジを外して、液晶側に吸盤を取り付け、裏パネルを取り外します。

付属してきた工具の中で、吸盤だけは使うことができたので、ドライバのサイズ違い件は忘れることにします。

ここまで出来れば、あとはそんなに難しくありません。

見えているネジを全部外して新しい液晶側にバッテリーや基盤を移して行きます。

そして組み上げると、、、

無事に画面が映りました。

その後、簡単にチェックしてみました。

Wi-FiやBluetoothもOK。SIMカードの動作もOK。カメラもOK。指紋認証も大丈夫です。

スピーカーもバイブレーションも問題無し。

Android OS は「7.1.1」

故障品を買って、バクチに勝った!!

状態の良い「ZenFone Zoom S」を「16,000円」程度で手に入れたぞ!! と思ったのですが、、、

その後、電話の際の耳を当てる部分の「イヤースピーカー」から音がしないことに気づきました。

むむ、、、ということは、電話として使えない。

まぁ、これはBluetoothのヘッドセットなどを併用すれば解決ができます。

それに、ウチのメイン電話は「PHS」なので、スマホは電話として使えなくても構わないのです。

でも、不具合があるというのは、気分のいいものではありません。

なんとかしたいなぁ、、、

他にも不具合があるかもしれないし、これから色々と使って調べて見ます。

初代の「Zenfone 5」以来のASUS端末になります。

カメラ性能などを試すのが楽しみです。

ーーーーー

<2018年9月6日 追記>

音の出ない「イヤースピーカー」の交換を試みました。

 → 故障した「ZenFone Zoom S」を入手したので修理してみる(その2)

ーーーーー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. オダン より:

    はじめまして。
    私は自分で修理する勇気がなかったのでネットで依頼しましたが
    依頼先から「パスワードを教えてくれ」と言われました。
    ディスプレイを交換するだけならパスワードなんて要らないと思うのですが
    交換した際、パスワードとか入力する必要ありましたか?
    お時間ありましたら回答の程よろしくお願いします。

  2. kaji より:

    >オダン さん

    ディスプレイ交換だけなら、パスワードの入力は不要です。

    ですが、ウチの場合、ブログにも記載しているように、交換後に、「イヤースピーカー」の不良がありました。これが、最初から壊れていたのか、もしくは、交換時に壊してしまったのか、不明です。

    パスワードを求められたのは、交換後、他の不良がないかどうかのチェックを行うためではないでしょうか。(交換する時には、「イヤースピーカー」を始め、カメラや基盤、バッテリー等を全部外す必要があります。)

  3. オダン より:

    >kajiさん
    回答ありがとうございます。
    なんとなーく、中に入れてる写真とか連絡先を見られないか心配で
    (だったら自分でやれって話ですが😅)
    もし、お店から連絡があれば目的を聞いてみてから教えるようにします。
    数少ないZoomSユーザーさんのお話は貴重なので助かります笑

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください