「GEOTEL G1」をしばらく使ってみた感想

 

先日、購入したことを報告した「GEOTEL G1」。

 7500mAhのバッテリー搭載スマホ「GEOTEL G1」を買ってみました(2017年10月22日の話題)

「7500mAh」という大容量バッテリーを搭載したスマートフォンです。

価格は、送料込みの「10,920円」とお手頃。

安い分だけ、スペック的には、最近の機種に比べて劣ります。

・CPU:MTK6580A 1.3GHz Quad Core
・メモリ:2GB
・ストレージ:16GB
・OS:Android 7.0
・バッテリー容量:7500mAh

「4G / LTE」非対応(「3G」のみ)

でも、背面に通常のUSBポートが用意されていたり、、、と、このイロモノ加減が非常に興味をそそります。

Android OS標準で「日本語」の環境が用意されています。

そのため、容易に「日本語化」が可能です。

標準でインストールされているアプリケーションも、Android OSの基本的なものだけです。

非常にスッキリしています。標準で「Play ストア」も入っていますので、アプリケーションのインストールもラクラク。

OSは、「Android 7.0」です。

簡単に、「ブラウザ」や「YouTube」などの動作確認をしましたが、特に問題なく動作しています。

タッチパネルも感度も良好。

スピーカーの音質はかなりイマイチですが、十分な音量は出ます。

本体の重さが「約290g」あるので、バイブレーションは弱く感じます。

仕様に特に問題は無いのですが、メモリが2GBの割には動作が緩慢な気はします。

CPUが弱いからでしょうか?

アプリを次々と使うと緩慢になるので、メモリの開放が裏で上手く行われていないのかもしれません。

最新のゲームアプリなどをプレイすると、性能不足が露呈しそうな気がします。

ウチは、この機種でゲームをしようとは思いませんが、、、

「ブラウザ」、「YouTube」、「Facebook」、「Twitter」などの閲覧等は全く問題ありません。

「DMMモバイル」のSIMを入れて通信を試してみましたが、「3G」でも、それなりのスピードが出て特に使用に支障はありませんでした。

高画質の動画などを見るなどの目的でなければ、回線は「3G」でも良さそうです。

カメラの性能は、「背面:800万画素」「正面:200万画素」です。

背面のカメラで風景を写してみると、以下のような感じです。

悪くはないんですが、問題が1つ、、、

フラッシュがついていません。

背面にフラッシュが無いんです。カメラのレンズのみです。

これは、カメラをよく使う人にとっては致命的。

なぜ無いのか?? というと、本体の上側面にLEDライトがついているからだと思います。

フラッシュの代わりに「LEDライト」をつけました、、、ということでしょう。

その「LEDライト」ですが、あまり光は強くありません。

通常のスマホのフラッシュと同じ程度。

大きなバッテリーを搭載しているので、もう少し大きめの明るいライトでもいいのに、、、、こんな中途半端なライトなら、フラッシュの方が良かった、、、、と思えるような、ちょっと残念なポイントです。

その他の点として、安いスマホですので、「電子コンパス」「ジャイロセンサー」非搭載です。

そのため、「ポケモンGO:Pokémon GO」の「ARモード」は使用できません。

さて、この機種の一番の「売り」は、バッテリーです。

「7500mAh」もあるので、十分に持ちそうです。

バッテリー性能については、次回話題にします。

背面に通常のUSBポートがあるので、結構厚みのあるスマートフォン。

「10,920円」という値段から考えると、結構満足できる機種だと思います。

用途を限定すれば、かなり使える端末だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)