クリップ式の「スマートフォン用カメラレンズ」を試してみました

 

クリップ式のスマートフォン用のカメラレンズが色々と出ています。

このレンズがあると、写真撮影が楽しくなるのでは?? と思って購入してみました。

色々と検討し、「5in1」のキットを購入。

198° 魚眼レンズ
2倍 ズームレンズ
0.63倍 ワイドレンズ
15倍 マクロレンズ
偏光レンズ

上記5つのレンズがセットになっているキットで、価格は「2000円」ぐらいでした。

このくらいの金額なら失敗しても、痛くありません。

届いた商品を確認すると、ケースに入っており、携帯にも便利。思ったよりもしっかりとしていました。

「0.63倍 ワイドレンズ」と「15倍 マクロレンズ」は重ねてあるので、ケースには4つのレンズしか入っていないように見えます。

早速、撮影して試してみることにしました。

1点注意点があり、スマホの種類によっては、フラッシュと干渉し、フラッシュが使えなくなります。

下の写真は「Blackview BV6000」にクリップを取り付けたところですが、フラッシュがクリップで塞がれているのが確認できると思います。

ほとんどのスマートフォンがカメラの横にフラッシュライトが配置されていると思うので、干渉するのではないでしょうか。

夜間や、暗い場所で使うときには注意が必要です。

では、各レンズについて感想を含めて紹介していきます。

近所の「宮地嶽神社」で「菖蒲まつり」が開催されていたので、そこで試してきました。

JALの「嵐」が出演したCMで「光の道」が取り上げられ、一躍有名になった神社です。

昼間ではありますが、海まで一直線に続く「光の道」を撮影しました。

撮影はスマートフォン「Blackview BV6000」にて行いました。
(各写真はリサイズ、圧縮していますが、人物をボカす以外の写真の加工は行なっていません。)

 ノーマル(レンズ無し)

 2倍 ズームレンズ

ノーマルとの違いは一目瞭然です。

 0.63倍 ワイドレンズ

こちらもノーマルと比べて写る範囲が広くなっていることが確認できます。

 198° 魚眼レンズ

続けて、検証していきます。

「宮地嶽神社」の本殿で「ワイドレンズ」、「ズームレンズ」の確認。

 ノーマル(レンズ無し)

 0.63倍 ワイドレンズ

同じ位置から撮っています。撮影範囲が広がりますが、広がった部分はパンフォーカスでも少しボケて撮影されています。

 2倍 ズームレンズ

かなり大きく撮影されます。

続けて、境内の菖蒲を利用して、「15倍 マクロレンズ」を使ってみました。

通常のレンズ無しの場合は、花びらを撮影しても、近くによるとボケてしまいます。

 ノーマル(レンズ無し)

 15倍 マクロレンズ

「マクロレンズ」を利用すると、花びらにいた「虫」をしっかりと写すことができました。

なかなか凄い。

ついでに、ビワの木があったので、実を写してみると、、、

かなりクッキリと写すことができました。

続いて「偏光レンズ」を試します。

神社の裏手に池があり、鯉がいましたので、撮影しました。

 ノーマル(レンズ無し)

 偏光レンズ

水面の光の反射がグッと抑えられ、水の色がはっきりとしました。

結構、違いが出ます。

「魚眼レンズ」で撮影した写真もいつくか掲載。

変化の少ない場所の撮影には向いてませんが、面白い写真が撮れます。

ただし、これまでアップした写真をみると解る通り、クリップレンズの取り付け位置や、レンズの種類により周囲に黒い影「ケラレ」が発生します。

うまくスマホのレンズとフィットしないと、特に「マクロレンズ」ではピントが合いにくい、、、といったこともあります。

それから、「5in1」で色々なレンズがあるのは良いのですが、取り替えがはっきり言って面倒です。

クリップだけ追加で欲しくなります。

でも、このキット、1つ持っているとかなり面白い。

普通にレンズをつけて撮影しても面白いですし、使いようによっては、ワンランク上の写真撮影ができそうな気がします。

撮影自体が楽しくなる商品です。

気になる方は、そんなに高額ではありませんし、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

他のコンデジ(コンパクトデジカメ)などを持っていれば、不要な商品だと思いますが、スマホで撮るのも面白いものです。

ちなみに、ウチの所有しているスマホだと、「OUKITEL K10000」だと取り付けてもフラッシュに干渉しませんでした。

どちらにしても、スマホの種類によって、カメラの位置との相性などもあるようなので、使って慣れていくしかなさそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)