表裏にディスプレイを搭載したスマホ「YotaPhone 2」を買ってみました

 

以前から気になっていたスマートフォンがあります。

それが、ロシアの「Yota」社が販売している「YotaPhone」です。

通常の液晶画面+背面に電子ペーパーなどで使用されている「E-ink」の液晶が搭載されたスマートフォンです。

つまり、2画面搭載!!

今回購入したのは2014年に発売された「YotaPhone 2」です。

以前は7〜8万ぐらいの価格でしたが、ここにきて投げ売り価格のような金額になりました。

2017年に後継機種の「YotaPhone 3」の発売が見込まれているとかで、その影響なのでしょうか??

ともかく、「139.89ドル」で購入しました。

購入したのは「2016年10月29日」」、海外通販の「GEARBEST」」で購入です。

16111201

 → GEARBESTの商品サイト(現在さらに安くなっています)

送料無料の通常送付で注文しました。「Singapore Post:シンガポールポスト」での送付で、ちょっと時間がかかりましたが、「11月11日」に到着しました。

16111202

早速、開封していきます。

箱は黒で結構格好良い。おまけでコンセントの変換アダプタが付属していました。

16111203

型番は「YD206」です。

16111204

「YotaPhone 2」にはヨーロッパ市場向けの「YD201」と中国市場向けの「YD206」の2つのモデルがあるようです。

パッケージを開けると、「E-ink」液晶に「你好」の文字。

16111205

付属品はACアダプタ、USBケーブル、ヘッドフォン(有線)です。

16111206

写真中央上のタグのようなものには、SIMのイジェクトピンが収納されています。

本体「E-ink」液晶側(通常のスマートフォンの背面側)

16111207

液晶側

16111208

側面にSIMスロットがあります。SIMの形状は「Nano SIM」

16111209

第1印象は「薄い!」「軽い!」と感じました。

何しろ、これまで購入したスマホって「OUKITEL K10000」、「OUKITEL K4000 Pro」と大容量バッテリーを搭載した重量級のモデルばかり。

一般的には5インチサイズの通常のスマートフォン程度です。

比べてみると、、、

16111210

左から「YotaPhone 2」「OUKITEL K4000 Pro」「OUKITEL K10000」

「OUKITEL」の2台と比べて、厚みが全然違います。

重さですが、「145g」でした。

16111215

・OUKITEL K4000 Pro:245g
・OUKITEL K10000:315g

比べてみると軽く感じるわけです。

電源を入れてみると、言語選択で普通に「日本語」が出てきました。

16111211

普通に日本語で使用可能です。

一通り初期設定を終わらせると、背面ディスプレイ「E-ink」側のチュートリアルが表示されました。

16111212

背面ディスプレイについては独自のアプリケーションで動作しているようです。全て英語表記で、日本語環境にすることはできませんでした。

チュートリアルを終えると、通常の操作画面を「E-ink」側に表示することもできるようになりました。

16111213

モノクロの「Android」画面というのも、なんだか新鮮です。

メイン液晶での表示だと、以下の写真のような感じです。

16111214

とりあえず今回は、開封、及び、電源確認だけ行いました。

今後、使用感について話題にしていきます。

表裏液晶という変なスマートフォン。「デジもの」っていう感じがしますよね。

最後に「YotaPhone 2」の性能面について記載。

・CPU:Qualcomm Snapdragon 801 2.2GHz quad-core

・メモリ:2GB

・ストレージ:32GB

・Android OS:4.4.3

ディスプレイは表裏共にタッチパネル。

ジャイロもあるので「ポケモンGO:Pokémon GO」の「ARモード」にも対応。

それから「NFC」がついているのが何気に嬉しいポイント。

Micro SDカードは使用できません。

2年前の機種の割にはそんなに悪くありません。まぁ、発売当時は7〜8万もした機種ですからね。

バッテリー容量は「2500mAh」

最近は大容量バッテリーのスマホを使っているので、バッテリーがどれくらい持続するのか、ぼちぼち検証していこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)