Bluetooth小型マウス「ELECOM CAPCLIP」が小さくて結構便利

 

先日、4日ほど、海外に行ってきました。

香港、マカオ、中国(シンセン)に行ったのですが、「パソコン」、「スマートフォン」を持って行きました。

「スマートフォン」は、このブログで何回も話題にしているおなじみの「10000mAh」のバッテリーが搭載された「OUKITEL K10000」です。

SIMフリーなので、現地のSIMを購入して使用しました。バッテリーも十分で、充電せずとも4日間しっかり持ちました。

バッテリーが多いってこんな時に便利です。(その分、本体サイズが大きいですけどね。)

さて、それと同時に夜のホテルでの情報収集用に7inchのタブレットマシン「iWork 7」を持って行きました。

持って行く前に、小さいBluetooth接続のマウスが欲しいなぁ、、、と思っていて、購入したのが、「ELECOM CAPCLIP」という商品。

16103001

近くのパソコンショップで1800円程度で売られていて、全然期待せずに購入したのですが、小さくて持ち運びに便利、更に結構使いやすい商品でした。

使う時はキャップを本体の一部として、使わない時はキャップに収納、、、と持ち運びにサイズが「1/2」になります。

16103002

16103003

USBのACアダプタとほぼ同じサイズです。

ボタンは一般的な2ボタンでホイール付き。

16103004

本体の背面にはちゃんと滑りやすいようにシートがついています。

16103005

タッチパネル対応のタブレットですが、マウスがあるのと無いのでは操作の快適性は大違い。

特に7inchサイズで「Windows」を起動すると、文字も小さく、誤タップが頻繁に発生し、それがちょっとしたストレスになります。

今回の海外行きには、タブレット本体の他、周辺機器として、キーボード(Bluetooth)、今回購入したマウス(Bluetooth)、そして海外用の電源変換プラグを持って行きました。

16103006

「Wi-Fi」施設のある宿への宿泊でしたので、これで快適に情報収集。

キーボード、マウスを別に持って行くとなるとミニサイズのノートPCの方が良いんじゃないか?? と思いますが、タブレットPCの場合は、飛行機のフライト中に電子書籍端末としても活用できます。

今回は、旅行のガイドブックを電子書籍で購入し、飛行機の中で読んでました。

そのため、できればノートPCよりもタブレットの方が良いんじゃないか、、、と思う訳なのです。

これまで、海外に限らずパソコンを持って出かける時は「タブレットPC」と「キーボード」のみで対応していました。

Bluetooth接続の小さめのマウスで手頃な物が無かったんです。

今回、「ELECOM CAPCLIP」を購入してみて、実際に使ってみると、小さい割には使いやすく非常に便利でした。

充電式で、1回の充電で「連続動作:約18時間」「想定電池使用期間:約32日」と記載がありました。

普通に使う限りだと、電池も2〜3週間程度は持つでしょう。

今回、青を購入しましたが、それは店にその色しか無かったから。

その後、調べてみると、他のカラーもあるようです。

探してみれば、他の使いやすい小さなマウスもあるかもしれませんが、1800円程度でしたし、使い勝手も悪くないので当面はこれで十分です。

次はできればキーボードを折りたたみ式にするなどのコンパクト化を検討してみたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)