ライフログカメラ「Narrative Clip」を買ってみた

   2016/04/18

ライフログカメラ「Narrative Clip」を購入しました。色はブラックです。

15092801

「Narrative Clip」は何か?? というと、30秒間隔で自動的に撮影してくれるカメラです。

サイズも小さく、超小型。その分、カメラの解像度は500万画素です。

早速開封してみます。

開けると、カメラとUSBケーブルのみ。

15092802

カメラのサイズはマウスと比べてみてください。

15092803

裏にクリップがついていて、鞄や洋服などにつけておくと、30秒ごとに撮影してくれます。

GPSも内蔵されており、撮った場所も記録してくれます。

それが「ライフログカメラ」と言われている所以でしょう。

カメラの部分にはUSBの端子があるだけ。

15092804

早速、セットアップをしようと思い、説明書を確認します。

でも、説明書が箱にくっついていて読みにくい。

15092805

それに、日本語表記は無く、すべて英語表記です。

まじまじと説明書をチェックしていきますが、使い方やバッテリーの残量確認程度の情報しか記載されていません。

うーん、、、と思っていたら、説明書の表紙に以下の表記がありました。

「Wekcome to Narrative. Get started at: start.getnarrative.com」

なるほど、Webで確認が必要なんですね。

ということで早速Webサイトを確認します。

 → http://start.getnarrative.com

15092806

サイトに行ってみると、「数分で簡単にセットアップできます。」というような表記があります。

最初にソフトウェアをダウンロードするようです。

ウチは「Mac」で使用します。動作環境は「OSX 10.7以降(Requires OSX 10.7 or later)」となっています。

ダウンロードしてインストールをします。

15092807

次は、スマートフォン向けのソフトをインストールするようです。

15092808

ウチは「Android」で使用する予定です。「Zenfone 5」にインストールします。

「Playストア」で「Narrative」で検索するとソフトウェアが出てきます。

15092809

これをスマホにインストールします。

15092810

これで終わりのようです。

早速、パソコン側(Mac)のソフトを起動してみます。

15092811

「Narrative Clip」を接続するように案内が出ました。接続してみると、、、

15092812

アカウント作成画面に進みました。

ウチはアカウントを持っていませんので「Create a new account」でアカウントを作成します。

各種設定を入力してアカウントを作成します。

15092813

特に問題は無いですね。

「Comfirm」はメールの確認です。
「Gender」は性別。
「Born」は生まれた年ですね。

パスワードは6文字以上とあります。

特に難しいことはありませんね。アカウントを作成すると、以下の画面になりました。

15092814

無事にアカウントが作成されたようです。

この後、登録したメールアドレス宛に確認のメールが来るので、そこで「Activate」(アクティベイト)を行えばOKです。

その後、セッティング画面が表示されました。

15092815

ここで初めて知りましたが、撮影時間は30秒間隔以外にも「10秒」、「15秒」、「45秒」、「60秒」、「120秒」と各種選べるようです。

一通りセットアップが終わったようなので、取り外して撮影してみます。

確認はスマホ側で行うようです。スマホのソフトウェアを起動して作成したアカウントでログインします。

するとバッチリ撮影された分を見ることができました。

15092816

とりあえず本日はここまで。

まだアプリケーションの使い方などを詳しくチェックしていませんので、今後もう少し使って色々と話題に指定校と思います。

ちなみに現在、後継機種の「Narrative Clip 2」が発表されており、出荷間近だそうです。

それも気になりましたが、ウチは前モデルを購入しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください