ASUS TransBook T300CHI-5Y10を買ってみました

   2016/04/18

ウチは「Windowsタブレット」を2つ所有しています。

7インチの「iWork 7」と8インチの「Miix 2 8」

もう少し大きいサイズのマシンも欲しいと思い、色々と検討した結果、「ASUS TransBook T300CHI-5Y10」を購入しました。

CPUが「Core M-5Y10 800MHz」、メモリが「4GB」、SSDは「128GB」というスペックです。

「Core M-5Y10」ですが、結構きびきびと動くようなので、買ってみることにしました。

液晶のサイズは12.5インチ。

それと、ASUSのアウトレットショップで「49,800円」だったことも購入を決めた一因です。

注文すると、2日程度で到着しました。

元箱に配送の伝票がベタッと貼付けた状態で到着しました。

15091501

アウトレットの説明文で「箱破損品」とあったので、調べてみると、、、

15091502

確かに角に変形が見受けられます。でもこれは許容範囲、と思って開封してみると、、、

15091503

あら、中に更に箱が。これが正式なパッケージのようです。こちらは全く破損等無く、新品の状態です。

中は本体と付属品。

15091504

15091505

写真のように液晶部とキーボード部が分離可能です。キーボード部は「Bluetooth接続」となっています。

キーボードは日本語のJIS配列です。

15091506

15091507

電源を入れて初期設定を行います。

15091508

設定は10分程度で終了。

さすがに12.5インチは大きいです。

7インチの「iWork 7」と8インチの「Miix 2 8」の3台を並べてみました。

15091509

キーボードとドッキングさせてノートパソコンみたいに使えるし、便利そうです。

元はタブレットですので拡張性はほとんどありません。

「HDMI外部出力端子」と「USB 3.0」、「Micro SDカードスロット」、「ヘッドホン端子」のみです。

でも、液晶も綺麗ですし、キーボードがあるだけで文字入力が非常にラクです。

不満点が1点、キーボードの充電ですが、USB端子経由です。そのため、ACアダプタを液晶(タブレット)側につないで、液晶(タブレット)側のUSB端子とキーボード側のUSB端子を繋いで充電をする必要があります。

別にUSBの充電アダプタを用意すればいいんですけどね。

ちなみに、本体(タブレット)の充電は専用ACアダプタを使用します。「iWork 7」や「Miix 2 8」のように充電端子が「Micro USB」ではないので、その点はちょっとマイナスです。(サイズが大きいので使用も充電も電力が必要なのでしょう。)

今後、少しずつ使用して感想を話題にしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください