「Windows 10」で「Internet Exploler」を使う

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

「Windows 10」にすると、標準のブラウザが「Windows Edge」となります。

でも、「Windows 7」や「Windows 8.1」の頃のように、「Internet Exploler」が使いたいと思いますよね。

ちゃんと「Windows 10」でも「Internet Exploler」は使用できます。

起動方法について、ご案内。

タブレットモードの場合

「Windows 10」のタブレットモードの場合です。

15090101

左下にあるマーク「すべてのアプリ」をタップします。

すると、インストールされているアプリケーションが名前順に表示されます。

15090102

アプリケーションをスワイプして、「Windows アクセサリ」を探します。

15090103

タップすると、その中に「Internet Exploler」があります。

15090104

ここから起動すると、無事に「Internet Exploler」が使用できます。

「Windows 7」や「Windows 8.1」からアップデートした場合、以前のお気に入り等も、そのままの状態で使用できます。

15090105

バージョンは「Internet Exploler 11」です。(2015年9月1日時点)

ちなみに、「Windows Exploler」を長くタップすることで、メニューが表示されます。

15090106

「スタート画面にピン留めする」を選ぶと、タブレットモードのスタート画面に「Internet Exploler」が表示されます。

15090107

通常モードの場合

左下の「Windowsマーク」」をクリックしてメニューを表示します。

15090108

メニューの中に「すべてのアプリ」がありますので、それをクリックします。

15090109

その後は「タブレットモード」と同じです。

「Windows アクセサリ」の中に「Internet Exploler」があります。

これで、無事に「Internet Exploler」が使用できます。

今後、標準ブラウザは徐々に「Windows Edge」に移行して行くと思いますが、やっぱり使い慣れた「Internet Exploler」の方がいいという方も多いと思います。

でも、「Internet Exploler」のある場所はわかりにくいですね。「Windows アクセサリ」の中なんて。

関連記事


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする