怪しげな中華 Bluetooth 折りたたみ式キーボード

   2016/04/18

前回の話題と同じくキーボードの話題になります。

文字入力のカタカナの変換を「F7」キーを使う方法しか知らずに、ファンクションキー付きのキーボードを探してた時に見つけた商品。

→ キーボードのカタカナ変換 知らなかった

怪しい折りたたみ式のキーボード。
「Geyes」というメーカーの「Gk308e増強版」というモデル。

1411301

4つに折りたたんでコンパクトになります。

1411302

1411303

ファンクションキーも「Fn」キーがあるの数字キーと併用しての利用可。

確か1,000円ぐらいで買った記憶があるんですが、結局は2回ぐらいしか使いませんでした。

ファンクションキーが使えるということで購入したわけですが、それはそれで落とし穴が。

日本でおなじみのJIS配列ではなく、US配列なので、「@」が数字の「2」のキーの場所があったりと、やや不便。
「:」や「;」等も違いますしね。

なにより、「Enter」キーが大きくないんですよ。

JIS配列だと大きいのですが、US配列だと小さくて、これが慣れません。

1411306

本体は折りたたんでコンパクトといっても結構厚みはでるし、これなら、「CE-BTK-406BK」の方がいいと思うわけです。
(カタカナ問題も解決しましたし。)

安いせいなのか購入した時に、最初から押されたままの状態のキーが3個ぐらいありました。

キートップを外してみると、中のゴムが押されて陥没した状態でした。
ゴムが外れているとかではなく、陥没して引っかかっているというような状態でしたので元に戻せば何事も無く動くようになりましたが、、、、

きっと製品の製作段階でキートップを取り付ける際に押さえつけて取付を行い、そのあと検品してないんだろうなぁ、、、と予想。

折りたたみというギミックは面白いし、タブレット端末等と持ち運んで外で使えば、人に自慢等出来そうではありますが、やはり使用感ですよね。

持ち運びに関しても、「CE-BTK-406BK」の勝ちかなと。(薄いからタブレットとセットで平たく収まっていい。)

比較の写真上げておきますね。

1411304

1411305

折りたたみのキーボードを買うなら、少々高くても「ELECOM」とか「サンワサプライ」等の日本のメーカーの物かなぁ、、、と思うのですが、折りたたみでJIS配列の物って、見当たらないですね。

かろうじて「ELECOM」の「TK-FBP038SV」が「日本語/英語両配列切替可能」とありましたが、すでに販売終了商品になっていますし。

それ以前にタブレットでキーボードを使用して文字入力をガンガンするという使い方自体が稀なのかもしれません。
そのため、キーボードの需要がなくて、良い商品が出てこないのかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 引田伊作 より:

    Geyes GK308Eのキーボード、まだお持ちでしょうか??
    是非譲って頂きたいのですが・・・
    isakuhikita@gmail.com

  2. kaji より:

    >引田伊作 様

    Geyes GK308E のキーボードですが、作りがどうもチープで使っているうちに、すぐに開閉ギミックがダメになってしまいました。

    探しましたが見つからないので、捨ててしまったと思います。

    充電用のちょっと特殊なタイプの接続ケーブルのみは見つかりましたが、、、

    すみません。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください