「Google 翻訳」のオフライン機能を試してみる

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

「Google 翻訳」のオフライン機能を試してみました。

Android版のアプリで使用機種は「Zenfone 5」

ネット環境下であれば、話した言葉をすぐに翻訳してくれる優秀なソフト。
たくさんの言語に対応しているのも嬉しいところ。

ちょっとした海外旅行で活躍します。

かくいうウチも、この機能を海外で利用して、なんとか現地の方と会話を成立させたこともあります。

さて、このソフトにはオフライン機能があるようで、それを試してみました。

オフラインで翻訳できるのなら、こんなに良いソフトはありません。

オフラインで翻訳をするためには「オフライン用の言語」をダウンロードしないとダメなようです。
とりあえず、英語と日本語をダウンロードしました。
オフラインのパッケージについては、1言語でそれなりの容量が必要となります。ちなみに日本語のパッケージで「262MB」でした。

1501302

そして、いざ音声検索へ!!
マイクのボタンを押してみます。

1501301

あれ? 音声翻訳のマイクのボタンを押しても、「音声入力に必要なネットワーク接続がありません(E4)」というメッセージがでるだけです。まったく翻訳してくれません。

では、画像変換はどうでしょうか??
カメラのボタンを押してみます。

1501303

はい、こちらも「ネットワーク接続がありません」の表記が出て、全く翻訳してくれません。

これは、全然オフラインで使えないじゃないか、、、ということで調べてみたところ、、、、

オフラインの翻訳については、テキスト入力のみ

とのこと。

テキスト入力で試してみました。

1501304

無事にオフラインにて翻訳できました。「This is」がちゃんと「これは」になっています。

でも、これにも落とし穴がありまして、物理キーボード、仮想キーボード等の入力装置での入力はOKなのですが、手書きはダメ。

1501305

手書き入力を選ぶと、「インターネットに接続できません」の表記がでます。
もちろん、手書きで書いてみても全く入力されません。

ということで、キーボード等の入力装置で入力した文字のみオフラインで翻訳OKというものでした。

普通、出先で使う場合は、音声翻訳や、画像の翻訳の機会が多いと思います。

また、テキスト翻訳にしても、手書きができなかったら全く意味が無い様な気もします。
知らない言語の文字入力なんて、入力方法すらわかりませんし、、、

この状況の場合、Web上やメールの文章をコピー&ペーストしての使用ぐらいしか使い道が思いつきません。
とはいっても、Webやメールの確認などは、オンライン状態でしか使えない訳ですし。

ということで、ウチにとっては、オフライン機能は全くいらないものだとわかりました。

オフラインの言語パッケージのダウンロードで容量を使うだけなので、さっさとダウンロード分を削除しました。

オフラインで使えるという言葉だけが先行しているようで、すっかりその罠にはまってしまいました。

これから試そうと思っている方はご注意ください。

今後の技術の進歩でそのうちオフラインで音声、画像、手書きの翻訳などができるようになるかもしれません。

現状で使う場合は、海外で利用する場合も、オンライン環境を整えて使う方がよさそうです。

関連記事


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする

コメント

  1. ダケカンバ より:

    全く同感です。オンラインでの音声での翻訳が予想以上に良いので、海外でオフラインで使いたいと思っていました。上手く機能しないので行き詰っていまいsたが、納得です。私もこの程度の機能では全く必要ありません。期待はづれです。有難うございました。